« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

青の会・・・9月の絵手紙

秋は通り過ぎていくのが速い、速い。もう少しノンビリしてくれれば良いのに・・・

  
ひろさん       さっちゃん      ゆりちゃん      アイアイ
Photo_105 Photo_106 Photo_107 Photo_108

| | コメント (7)
|

2006年9月29日 (金)

研究会(東京)

20060928133219 今回のテーマは「古いものから学ぶ」
何千年も変わらない古きよきもの、中国の画像石や瓦當の拓、女人俑やその他の本物が部屋にぐるりと置かれていた。
視ることが大事→本物・良いものをよく視よ→視て掴んだら離さない・・・こんな風に理解。
本物をこんなに身近に視られることは滅多にない

ドキドキしながら限られた時間の中で描く、描く、描く・・・。
夢中にさせるものは何か?
教室の熱気もあるけれど、何と言っても本物が目の前にあること。
以前は手も足も出なかったけれど、今回は楽しく描けた。
「分からなくても視なさい!回数を重ねていくことが次のきっかけを作る」と言われた先生の言葉が今では分かる。
教わったことしかやらない人はダメ!自分が発見して進めていく人でなければ・・・いつもの言葉が今回も響きました。

おまけ・・・先生に初めて褒めていただきました。(左上)

「上手い訳じゃ
なくて、簡略化されてて良い。これはモデルが素朴で良いからだ!」

Photo_119 Photo_120 Photo_121

    

|
|

2006年9月27日 (水)

留守します

Photo_104 今日から東京です。それも泊まりで・・・(嬉)
目的は勉強会ですが、終わった後、高校時代の同級生と待ち合わせです。
久しぶり・・・ゆっくり話をしたいねということで・・・ホテル泊と・・・話はとんとん拍子に決まってしまいました。
宿題もあるのに、一週間前から荷物の用意で浮かれてしまって・・・
心ここに在らずで、勉強会ではきっと恥をかくだろうなぁ。
行く前からそんなんで、どうするのよ!!ペシッペシッ!!
てな訳でちょこ
っと留守をします。

|
|

2006年9月25日 (月)

やせる薬はないってさ

Photo_2 年とともに、痩せにくくなっていることを痛感する
食欲はそのままで、基礎代謝が落ちているからと分かってはいるものの、運動しなくても何とかならないかと、近くの薬剤師に聞いてみました。
すると「市販されているもので、痩せる薬はありません!」とあっさり返された。
そうよね、それがあれば、胃を切ったり腸を短くする手術なんかしないわね。
更に「1ヶ月に3キロ以上の体重減は、だいたいリバウンドします。
人間の体はそう出来ているんですよ!」だってさ。
更に更に、大脳と間脳がどうのこうの説明してくれるが・・・・・
もぉ~いい~・・・・・難しい話はやめてくれ~・・・・・苦手じゃ(>_<)
だけど、一つだけ褒めてもらった。
「食事の時間が、長いのはよろしい。話をしながらゆっくり噛むと、唾液も出て消化を助けるからGOOD!」
歳とともに、動作がゆっくりになることは、理にかなっているんかぁ・・????
手っ取り早く、なんでも願い事を叶えてくれる☆ドラえもん☆が欲しいです!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

| | コメント (9)
|

2006年9月23日 (土)

さっそく実行

Photo_39 今年の春に健康診査を受けたとき、お医者様から「これからはメタボリック症候群に、気をつけてください。たまにはヘソ周りを測ってくださいね」とのアドバイスを受けたのを思い出し、二人で早速メジャー計測。
なんでもおヘソ周りが、男性85cm女性90cm以上がいけないんだったな!
「としちゃあ~ん、ヘソ周りはいくつ~?」
「母さん~どうやって測るの~?こんなの測らなくたって、だいたいヘソ周りはみんな6~7cmだろ?いくらなんでも85cmなんて何かの間違いだろぉ?・・ん?ん?ん?・・・」
もう~、としちゃん、違うでしょ!おヘソの上を通る、胴周りを測るんでしょ。
アッハッハ~そうなんだぁ~と、テレながら笑ってるとしちゃん。(そういえば、お医者さんの話を聞くとき、としちゃんはその場にいなかった)
つられて大笑いしてしまうが、この天然ボケはどこから来るの?
笑いはこの先の老後の暮らしには欠かせない?ありがたい??
二人ともなんとかクリア!!し・か・し私は前回より増えていた・・・マズイ!(>_<)

| | コメント (8)
|

2006年9月21日 (木)

漢字の面白さ

Photo_98 外国の人に漢字を説明するとき、形から説明するとすごく感激して「漢字は素晴らしい~!」って言うんですって。
例えば・・・山とか川など。
私は漢字の持つ意味が面白く、覚えるときに役立てている???

女の一生は、若いときは良くって、家とくっ付いて、古くなり、波(シワ)ができる・・・娘→嫁→姑→婆 
人の夢ははかない・・・儚い
目の上に手を当てて熱をみる・・・看る(目という漢字の上に手が乗っかている)
手で別々にさばく・・・捌く
心がたちまち動いてほれる・・・惚れる
自ら惚れるとうぬぼれる・・・自惚れる
心の若い人にひかれる・・・惹かれる
人を良くすること・・・食事
自らの心の子・・・息子    などなど。

この漢字にはどんな意味が込められて出来ている?と探ると、時々オォ~と感動するときがあります。

おまけ・・・聖路加病院の日野原さんが「若い医師には手当ての大切さを教えていきたい。データーだけを鵜呑みにした診断をしない、手を当てて診察することがいかに大事か・・・心を伝えていきたい」とおっしゃていました。
昔、母に「熱があるみたい」と言うと、おでこに手をやり「大したこと無いよ、大丈夫!」と言ってもらうだけで、安心したものです。
目の上に手を当てて熱をみる・・・だから看る・・・看て護ってくれる人・・・看護師さん・・・と広がっていきます。

| | コメント (15)
|

2006年9月19日 (火)

ありがたい

Photo_122 ことしの誕生日は例年とは違い、幸せ度が倍、倍、倍増でした。
絵手紙・PCグリーティグカード・ブログを通してお祝いのメッセージ・プレゼント・・・等々。
家族からは任天堂のDS(脳トレーニング)をプレゼントされ、早速挑戦!!
TV、CMで女優の松嶋奈々子さんが、確か53歳とか出て大笑いしていたから、私はもっとダメだろうとは分かっていたけど・・・脳年齢80歳とは・・・ガックリ!!(計算が弱い)
これはもう何回もやって少しでも現状維持を目指すしかないね。

人は一人では生きていけない事を十分承知はしていますが、良い人達に囲まれているとどんなに幸せか・・・今年の誕生日は、更に強く感じました。
とにかく心が温かくなり有難いです。
このご縁を大事に大事にいたします。

おまけ・・・誕生日を自分からアピールするのは、いくらなんでも図々しいでしょって、としちゃんからお小言貰いました。

| | コメント (11)
|

2006年9月17日 (日)

誕生花(ふうせんかずら)

Photo_25 子供のときほど楽しみではなくなったけれど、誕生日はそれなりに嬉しい。
この頃では、まぁまぁ健康で歳を重ねられることの安心感→よかったぁ~のほうが大きいかな。
ネットで調べたら、それぞれの誕生日に花があることを知った。
あららぁ~一つかと思えばいくつかあって、私の場合は「エリカ」って柄ではないし「露草」みたいな、慎ましやか・しおらしさもなく「日日草」みたいな可愛いらしさは、とっくに消え失せた。
さてさて残るのは 
・・・ふうせんかずら・・・ (花言葉 あなたと飛び立ちたい 自由な心)
うん!いいんじゃなぁい!気に入った!
これなら合ってる?嫌いではないぞ。
しかし誰がこんなに沢山考えたの?花屋さん?

| | コメント (16)
|

2006年9月15日 (金)

秋です

Photo_99 すっかり秋となりました???・・・大好きなのでルンルンです。
心も軽く身も軽く、何かしていても鼻歌が出る・・・
♪♪あれ鈴虫が鳴いている~リンリン、リンリン、リーンリン
♪♪あれ○○○虫も泣き出した~ちんちろ、ちんちろ、ちんちろちん
♪♪ガチャガチャ、ガチャガチャ、○○○○も~
○○のところは、忘れてしまったので適当に歌っていたら、
「もぉ~デタラメだねぇ~おかしいと思うよぉ 
(;一_一) ・・・ 松喰い虫も、クワガタも鳴かないらぁ~」と、としちゃん。
エッ?やっぱり違ったか?本当は何だっけ?


松喰い虫ーーー→松虫。
クワガターーー→くつわ虫。


なんだ、ちょっと違っただけじゃん!と返せば「そんなの知らないと日本人として恥ずかしいでしょ!人前で歌わないように!!」とお叱りと注意を受ける。
ご親切にありがとね。以後気を付けるで!(;_;)/~~~


          虫の声

   1. あれ まつ虫が ないている
     ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
     あれ すず虫が なきだした
     りんりん りんりん りーんりん
     秋の夜ながを なきとおす
     ああ おもしろい 虫のこえ

   2. きりきり きりきり きりぎりす
     がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫
     あとから馬おい おいついて
     ちょんちょんちょんちょん すいっちょん
     秋の夜ながを なきとおす
     ああ おもしろい 虫のこえ

| | コメント (16)
|

2006年9月13日 (水)

食事中だってばぁ

Photo_57 昼食時にローカルニュースを見ていたら、アナウンサーのお姉ちゃんが△△市役所を→△△しやくそ・・・と噛んだ。
それを聞いたとしちゃん「○ソはないだろ、○ソは・・失礼しちゃうぜ!ウ○コなんて、若い娘が言うんじゃないよぉ!△△は綺麗な街だぜ!なぁ母さん」
バカッ、誰もそんなこと言ってないでしょ!食事中だってことが分からないの?
もぉ、ため息の後になぜか食欲がわいて、止まらなくなる→食欲の秋に突入か??

| | コメント (8)
|

2006年9月11日 (月)

体力作り

Photo_18 年齢と共に弱ってくるのが足腰とよく聞く。
生意気にも、ひろさんに「スクワットが良いらしいわよ。それもマッチ棒10本を床にバラ撒いて、それを片足立ちで拾うと、効果絶大らしい・・・」と知らせたら・・・届いたのがこの絵手紙。
やってみると、か・な・り・キッツ~イ!はず。
私はとっくに挫折したけど、ひろさんはその後どうしているかなぁ???
それにしても「転ばぬ先のマッチ拾い」とは・・・上手いねぇ、にくいねぇ、・・・座布団三枚!!

| | コメント (8)
|

2006年9月 9日 (土)

志功と民藝の人々

2_6 棟方志功展を観て来ました。
もちろん図録も手に入れて、超ごきげんさん!

今回の展示会で目に留まったのは・・・彼を見出し世界のムナカタに育てた人達。
民藝の、柳宗悦・河井寛治郎・濱田庄司・・・などなど。

民藝の考え・・・本当のモノは名が偉くならずとも、仕事がひとりでに美しくなる。

宗悦から見た志功・・・躊躇がない・ありのまま・疑いがない・たくらみがない・分別がまだ生まれ出ていない。


志功は・・・良いと思うものは素直に感動し敬意を表す。

志功を見出し物資両面で教育 + 育てたのは民藝の人達や、宗悦と言われていますが、初めて志功の作品に出会った時に、「心を動かす得体の知れない作と人物だ」と言わしめたものが志功にはあった訳で・・・本物を見抜く人達に認められた志功はやはりすごい!

志功著 「板極道」 も面白い・・・しばらく志功を追いかけてみよう。

おまけ・・・同時展示されていた河井寛次郎作の 「白釉草花絵扁壷」 →メチャメチャ惹かれました。

| | コメント (8)
|

2006年9月 7日 (木)

やっとこさの2ヶ月

Photo_5 ブログを始めて・・2ヶ月・・まだ続いている・・めでたい。
友人、知人に老眼の人が多いので、字を大きくして始めたけれど、果たして本当にこれで良いのかしら?
始めの頃は、モタモタするばかりで、写真や絵手紙も画面に入りきらずに、ドォ~ンと大きくなってビックリしたり・・・
カウンターひとつ付けるだけで三日もかかったり・・・
思い出しても笑ってしまうことが数々。
どの人からも「パソコンは、心配するより触って慣れろ!」と、アドバイスされ「ゆっくり、のんびりやりなさい」とも。
続けることが大事なのですね。

| | コメント (16)
|

2006年9月 5日 (火)

効果有り

Photo_75 何を今頃言ってるの?と言われてしまいそうなのですが、今年の夏、カーテンを遮光カーテンに変えたのです。
大した差は無いでしょって思っていたら大間違い!
冷房も早く効くし、電気代がグ~ンと減りました。
こんなことなら、もっと早くすれば良かったのにねぇ。
普段一番良く使う部屋だけなのですが、変えた価値有り!
ただ難点は部屋が暗くなる・・・だけど暑さは緩和・・・ガマン・ガマン!ガマンするのだぁ~、それでいいのだぁ~。

| | コメント (9)
|

2006年9月 3日 (日)

貧しいのはア・ナ・タ

Photo_23 今朝、としちゃんが窓を開けながら「母さん、今日は良い天気だぁ~お天道様がまずしいよ!」
あのねぇ、それを言うなら→まぶしい(眩しい)でしょ。
「そっかぁ、だけど一字違っただけじゃん!大した差はないらぁ?」
なに言っちゃってるのよ!太陽はキラキラ輝いてゴージャスだわよ!
貧しいのはとしちゃんア・ナ・タです。
そういえば、タレントの三宅祐司さんの奥さんも、ユニークな人で一字間違いが多いらしい。
ある日夫婦喧嘩をして、怒った奥さんがご主人の三宅さんに向かって「どいて!」を→「抱いて!」と言ったとか。
アララァ~間違え方がすごいやー。
「アハハッー吹いてしまって、喧嘩にはならんだろう」と、としちゃん。
あなたにも同じ空気と匂いを感じるわ。

朝晩の風は秋を感じるようになりましたが、紫外線にはまだまだ注意が必要だそうです。

今回の絵手紙は ひろさん 作 

| | コメント (7)
|

2006年9月 1日 (金)

片足立ち・・・20秒

2_4 年齢と共に脚力が弱まり、歩行が困難になる。
そんなお年寄りを減らそうと、厚生労働省は「開眼片足立ち(両目を開けての片足立ち)」が20秒以上できる人の割合を増やそうと、長期計画「健康日本21」と題し、数値目標を盛り込む方針を決めたとのこと。
2010年に75歳以上の男性で60%以上、女性で50%以上を目指す。
(現在は男性38.9%、女性21.2%)
今は当たり前のように出来ることが、だんだん出来なくなるのねぇ。
としちゃんは以前から歯磨きのとき、片足立ちをしてる・・・えらいなぁ~、としちゃん!
危ないのはワ・タ・シだわ<(_ _)>

おまけ・・・8020運動(80歳になっても自分の歯が20本有る)のように定着すれば良いですね。

|
|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »