« 検査 | トップページ | 画家・・・杉本健吉 »

2007年3月17日 (土)

笑わせていただきました

6_1 一昨日、健康診査に出かけました。
問診→採尿→血圧→採血→心電図→内科検診→胃のレントゲン
検診以外に面白い光景に出会いちょっと楽しかったです。
脱いだものを籠に入れたまま持ち主が消える!・・・あちこちに籠が。
お年寄りと看護師さんのやりとり。
看「胃の検査はだいじょうぶかな?台の上でグルグル回転してもらうけどね!」
年「そんなの、おらぁはいやだなぁ~」
看「でも希望するって書いてあるけど、どうするかねぇ~」
年「怖いかね?」
看「怖くはないけど、お薬飲んで、胃を膨らめて、台の上で右や左に動いてもらうよ」
年「台の上で回転なんて出来るかなぁ~」
看「ちょっとハードかもしれんけどね、どうしようかね?胃カメラの方が楽かなぁ」
年「・・・・・・」
看「胃の検査は初めて??」
年「前にやった事はあるよ、ところで、どこで検査するだね??」
看「下の検診バスです」
年「そんなら毎年そこでやっとるよ!!」
待合室で拍手と笑いが起きました。(どうやら、お爺ちゃんは前転すると思ったらしい)

いよいよ、私達の番。問診→採尿→血圧→採血・・・バッチリよ~!
血圧も心配なく、採血も看護師さんがとても上手で痛くもなく、あっという間に終わってしまい、としちゃんが「上手いねぇ~」って思わず一言!
内科は若い女医さんで優しい・・・としちゃん、ニンマリ!
レントゲン車では前の男性が「なるべくゲップは我慢してくださいね」と説明を受けて・・・検査中ゲップ・・・発泡薬追加。
「歳を取ると、どこもかしこも緩くなるでね」の言葉に「看護婦さん、それってセクハラだに!」「訴えますかぁ?」
そんな会話を聞いて大笑いの後、としちゃんの番→やっぱりゲップ→はい!追加!!

私はいつもの通り、心電図を2回取る→いつもこうなの!
心電図の女医さんは毎年変わらず、ちょっと強面でテキパキしていて、余分なことは言わないのに、今日は違った!
検査が終わり・・・私のソックスを見て「あら、ヨン様?」
「済みません、ふざけた物を履いてきて、お土産で貰ったもので・・・」
「私はコ様よ!」
内心分からず・・・誰だぁ~って顔して隣で身支度・・・そしたら「グリーンローズよぉ!」って!!着替えてる所まで言いに来た。
聞いても分からん・・・だけど、ヒェ~~驚きだぁ~あの方が韓流ファンだなんて!

おまけ・・・心電図を測るとき、足首を出す為に、ソックスをかなりグズグズに足先に履いていて、ヨン様もシワシワで分かるはずないのに・・・凄いなっ!あの先生!!

|
|

« 検査 | トップページ | 画家・・・杉本健吉 »

コメント

笑うとお腹が揺れる・・あのね~、私、顔も揺れる様になってしまった~
今朝も夫に・・「お前この2,3日で特に顔がパンパンやな~~!」って
そうなの、自分でも気が付いていて、目も重いのよね~(泣)

気の重い健康診断もこんなに楽しい方と一緒だと笑えて良いね~♪
ヨン様・・流石に今でも人気は根強いんやね~☆

投稿: ファインちゃん | 2007年3月17日 (土) 08時05分

ソックスにヨンさま?ええねぇ。
ところでコ様?って誰?

靴下とソックス、ズボンとスラックスとパンツ、襟巻きとマフラー、えもん掛けとハンガー、靴とシューズ,鞄とバッグ、どちらをいつも使いますか?って年代別アンケート、やっぱりアイアイさんはソックス派ですよね。(笑)

投稿: Ako | 2007年3月17日 (土) 12時51分

こんにちは。
私もお腹が揺れるどころか、スカートのウエストの所にお腹がのっかるんです^m^;
ジムにもメタボリックの注意書きが貼ってあります。
胃の検査で私もゲップをしないように、我慢するのが大変でした。
女医さんも韓流ファンなんですね。
以前診てもらった女医さんは、冗談も言えないほど恐かったです。
私、グリーンローズ、知りません(ーー;)
私って遅れてる~~

投稿: 美豚ちゃん | 2007年3月17日 (土) 12時59分

 検査お疲れさまでした(^^)
胃カメラは一度したことがありますが、変な先生で(TT)苦しかったよ~~
二度と嫌です~胃カメラもバリウム飲みたくないし~
その後の下剤も嫌い~~~~~~

 でも~でも~もう検査を7年前にやっただけですからね~
今年はやらないと駄目ですよね~(TT)

投稿: みるく | 2007年3月17日 (土) 20時16分

去年は検診さぼりました。探せば何か出そうです。

akoさんのコメントで思い出したけど、先日息子が「スラックスってなに??」と電話をかけてきたの。今の子は知らないのよね。でもね、説明にも困ったの。普通のズボンだけど‥‥ 「チノパンもスラックス?」う~ん、分らん。午後からの出張に持って行くように上司に言われたんだって。
「父さんが仕事ではいてるようなの」と言ったら分ったみたいだけど「持ってないよ~(T-T)」でした。どうしたんだか(笑)

投稿: aya | 2007年3月17日 (土) 20時51分

病院は暗いイメージだけど、アイアイさんの目でみるとこんなに面白くなってしまう・・・・・さすがです。

「韓流」って よ~く聴いたら、「はんりゅう」って言ってる人が多いですね。 

投稿: petit | 2007年3月17日 (土) 21時57分

下手な寄席より 笑える 健診
つまらぬバラエティーより 楽しい健診
そんなに明るく楽しいのなら
よ~~し!  今年は 私も絶対行かなくては・・・ね
その後が ちょっと恐いけど。

投稿: majoおばさん | 2007年3月17日 (土) 21時58分

ファインちゃん、耳の下から顎にかけて肉が揺れる・・・ってこと??
それだったらおんなじだぁ~!!
鏡を見るとゲンナリだね。
何とかしたい・・・これもおんなじです!

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時14分

Akoさん、私も詳しくは分からなかったので、ネットで調べたら・・・コ・ス・・・とかいうスターらしいのですが・・・???
私はねヨン様しかよく分からない・・・というより、「冬のソナタ」しか分からないんです。

そっかぁ~こんな風に言い分けると年代が分かる??
ソックスだと・・・若い?・・・キャッ嬉!!

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時19分

美豚ちゃん、お蕎麦屋さんでの美豚ちゃんはお腹が出ていなかったよ!
健康診断はね、言わせる人に言わせれば「百害あって一利なし・・・なんでわざわざ悪い所を捜すの!・・・結果を待ってる間も体に悪いでしょ!!」って!!
時々ウ~ンって考えてしまいますよ。

私もグリーンローズ・・・全然、知らないの。

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時23分

みるくさん、どこも気になるところがなければ、無理にしなくても良いかもしれないよ。
これからは胃カメラも口からでなくて、鼻から楽に出来るような時代になるかも。
今回は検査後の胃の調子が悪く(ド~ンっと重い感じ)ちょっと懲りました。

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時27分

ayaさん、そっかぁ~スラックスが分からないかぁ~
きっとうちのも分からないな。
検査はね、血液検査だけでも良いかなって最近感じます。

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時29分

pititさん、おはようございます。
検査後、よい結果が返ってくれば一安心なんですけどね、そうはいかない年代ですから・・・(泣)

韓国語で 韓 は ハンって言うのでしょうか?
私も分からないまま言ってます(笑)

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時33分

majoさん、あのね、若い頃、お年寄りを見たら「何でもっとスムーズに出来ないの?」とか「会話がトンチンカンなの?」って思わなかった?
今はそうは思わず、気持ちが分かる年代になり、思わず微笑んでしまいました。
自分もいつかなる・・・素直な年寄りが一番って何を見てもそう思います。

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 07時36分

とんちんかん・・・今の私だ~!!
ほんと、いつも旦那様に、やっぱり天然やな~と言われる、否定できない。。。

でも検診行ってるなんてえらいな~
私も行きたいと思ってはいるのですが,胃の検査は怖いな~

投稿: ぽんぽこ | 2007年3月18日 (日) 15時20分

ぽんぽこさん、天然は可愛いよ~。
胃の検査はね、本当はしたくないけど、旦那さんも胃が丈夫でないし、私もポリープが出来たことがあったので!!
何にも心配がなければ無理しなくて良いと思いますよ。

投稿: アイアイ | 2007年3月18日 (日) 18時03分

あるある。ついこの間まで年寄りの会話を傍で聞いて 
おかしいなあ なんて思っていました。
でも最近は 笑わせる方に回っています。
亭主との会話でも、 後から 振り返って「今の私たちの会話 傍で聞いてたら すっかり呆け老人の会話だね」と 二人で苦笑することもしばしば。でもね、 それも幸せなことかも知れないなって 思えるようになってきました。

投稿: majoおばさん | 2007年3月18日 (日) 21時41分

majoさん、おはようございます。
たまに帰ってくる子供達が「大丈夫かぁ~」って!
本人達はしっかりしているつもりですが・・・明るく楽しくボケたいです!

投稿: アイアイ | 2007年3月19日 (月) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検査 | トップページ | 画家・・・杉本健吉 »