« 教室にて・・・その⑦ モチーフ | トップページ | 熊谷守一 »

2007年5月13日 (日)

原点に戻る・・・母の絵手紙

1_10 3_9 Photo_269 今日の絵手紙を見て、皆さんはどんな風に感じるでしょう?
母は88歳で亡くなりましたが、無学な人で、人前で字を書くことはしませんでした。
歳を重ねていく中で、頭はしっかりしていて欲しいと願い、絵手紙を薦めてみたりもしたのですが、嫌がりました。
まぁキライなものはしょうがないかと諦めかけた85歳の頃・・・絵手紙が来ました。
描いてくれたことが本当に嬉しかったです。
住所を書くのにも、そうとう時間が掛かったようで、苦労の後が見えました。
決して上手くはないのですが、一生懸命に描いたというのは、手に取るように分かりました。
私には何よりそれが嬉しくて、絵手紙の原点を見る思いでした。
絵手紙はたった一人の相手が喜んでくれれば・・・それだけでいいはず!!
そこには上手いとか下手とかは無いのです・・・相手を思う気持ちだけです。

おまけ・・・母の絵手紙を月刊誌に投稿しましたら掲載されました(2002年5月号)。
だけど、全国的に恥をかいたと叱られましたっけ。

Photo_272

 



 
   
  左下の2枚です。




|
|

« 教室にて・・・その⑦ モチーフ | トップページ | 熊谷守一 »

コメント

 絵手紙は 上手い下手では無いのだなぁ~と改めて感じさせてくれるお母様のお手紙です

 アイアイさんのおっしゃるように
1人の人が喜んでくれる・・・それが原点のように思います
 だから、大勢の人が見ても感動できるのかなぁ~って(*^.^*)

雑誌に載ったことで、一生残りますね(*^.^*)良かった 

投稿: みるく | 2007年5月13日 (日) 05時06分

お母様の絵手紙でしたか?私はまたアイアイさんの最初の頃なのかと思ってしまいました。

どれもすてき。特にポピーは最高。
アイアイさんの暖かい文も感激。

母の日にこんなすてきな絵手紙と文、見せてもらって
嬉しいです。感謝、感謝!有難う。

投稿: Ako | 2007年5月13日 (日) 06時42分

この絵手紙を受け取ったら・・私は胸が一杯になりました。
この絵手紙を描かれた時のお母様のお気持ちを推し量った時・・
愛する娘に精一杯の気持ちを伝えたかったのですね。
絵手紙を拝見して、不覚にも泣いてしまいました。
今日は母の日なのに、私は何もしていません・・
元気コールだけでもします・・
素晴らしい絵手紙を見せて下さって・・ありがとうございました。
お母様の良い供養になりましたね。

投稿: ファインちゃん | 2007年5月13日 (日) 08時44分

おはようございます。
お母様の絵手紙とアイアイさんの素敵な文章を読ませていただいて、感激しました。ありがとうございました。
ポピーの春、真っ赤な朝日の夏からイチョウともみじの秋、雪の冬、四季折々の素敵な絵手紙ですね。いくつになっても母は母、私も母のたくましさに、いまだにかなわないと思っています。
今日の母の日にアイアイさんに、いろいろなことを考えさせられました。

投稿: 美豚ちゃん | 2007年5月13日 (日) 10時19分

初めてうかがいました。お母様の絵手紙のお話は・・・
お母様がご自分でポストに投函されたとき、そして
アイアイさんがポストを覗いて見つけた時の事思うと・・・
親子愛の深さに感動です!
今度お宅に伺ったとき実物みせてくださいね。

きょうは義母にはいつもより派手めの花をもってお墓参りに・・・
母には母の着物をリサイクルして作ったバッグを届けに行ってきますね。

投稿: まっちゃん | 2007年5月13日 (日) 10時32分

私の母は88歳です。手先が器用なので、 以前から何度か試みたのですが、絵は無理なのかな~ 
こんな絵手紙が届いたら、感激しちゃいますよ!!

本に掲載されたの~2枚も! 凄いね。
虫眼鏡で見たけど、いい絵を描いておられます。文も読みたかったけど、虫眼鏡でも無理でしたぁ(笑)

投稿: petit | 2007年5月13日 (日) 11時36分

アイアイさん 母の日に とてもよい 絵手紙を見せていただきました。
私の母は昨年 87歳で亡くなりました。

7,8年前、骨折して右腕が思うように動かなくなり、「早く お迎えが来ないかな」と落ち込んでいたとき、絵手紙を薦めました。
「かけない」と 初めは文句を言ってましたが、そのうち 左手で支えて描いていました。

描いたものを 友達に送っては、かかって来る電話で 嬉しそうに しゃべっていました。

私も実家に残っている 絵手紙を もらってこようかなぁ・・・という気持ちになりました。

投稿: ピーナッツ | 2007年5月13日 (日) 13時03分

母の日にホロリとさせられるお話。やさしいアイアイの気持が伝わってきます。「寂しげに 顔ゆがめます時よりも 叱られて笑みます母が悲しも」。気丈だった母も今は施設に入っています。94歳の母に、好物のウナギを持って見舞いにいってきます。

投稿: 一休 | 2007年5月13日 (日) 13時41分

お母さんの絵手紙、すてきです。目頭が熱くなります。たった一人のためにかくのが絵手紙の原点である事を改めて感じます。その結果として、展示することもアルってことですよね。私は、ココをずっと悩んでいます。泣けてくるほど素敵な絵手紙は、目をひきます。でも、私のためにかいてくれたものが一番嬉しいかな。でも、展示するとなると・・・相変わらずココでひっかかるのです。

投稿: ようこ | 2007年5月13日 (日) 20時00分

母の日の今日、( もとい、今日も) すてきなお話でした。
お母様の絵 初めて拝見しましたが、
明るくて かわいくて 楽しくて 温かくて。
まさにいつものアイアイさんの絵ですよ。
アイアイさんの絵は お母様が原点だったんですね。
今日私のブログ 
アイアイさんの絵手紙紹介です。
確認して下さいね。 どっか 失礼なところが無いかどうか。

投稿: majoおばさん | 2007年5月13日 (日) 23時14分

みるくさんが言われるように、一人の人の胸を打つものは、大勢の人にも伝わるもので、それは飾った言葉でない時が多いですね。
絵手紙の面白さはそういうところで、多くの人を惹きつけているのだと思います。


Akoさん、母は最高のものを私に残してくれました。
時々出しては見ているのですが、迷ったり下手とか上手いとか考えているのがどうでもよくなります。
ただただ絵手紙が描ける・・・元気でいられる・・・楽しく描ければそれが一番というところまで気持ちを引っ張ってくれます。
何よりの教えだと思っています。


ファインちゃん、私も歳のせいか涙腺が弱くなりました・・・まぁ爺さんのところで泣いてしまいましたもの。
母との思い出は色々ありますが、父が早く亡くなりましたので苦労をした事の思い出のほうが多くて・・・もっと幸せな人生があったかもしれません。
長患いもせず逝った事は最後の最後まで子供孝行だったと思います。


美豚ちゃん、2枚目のはがきの葉っぱの間の赤い(マジック描き)ものがお日様って解りましたか・・・母は喜びますよ。
私と主人は最初は、なんだろう??って解らなかったんです。
葉っぱの上の天道虫?って感じで。
思ったように感じたままを描く・・・なかなか出来ませんが、この手紙をを見る度に飾らない素の物が一番いいなぁと思ったりします。


まっちゃんは手作りのものでプレゼントが出来て素晴らしい!
昨日の私は義母のところでカレーライスを作りました。
メチャメチャ甘口!←これが好きなのです。
プレゼントは特別無くって、赤いバラ(鉢物)とケーキ。
此の頃は私たちのことが分かったり分からなかったりです。
ご機嫌の悪い時には頭から背中にかけてマッサージ・・・手当てとはよく言ったもので触ると穏やかになります。


petitさん、生きてる間は口喧嘩もしたりで・・・
どなたも言われるように、亡くしてみて親のありがたさを、またまた感じます・・・お大事になさってください。
母は特別本を読んだりするようなことも無かったのですが、亡くなる時「私、星になるの・・・」ってメモに書いたのです。
そのことだけは今でも忘れるものではありません。


ピーナッツさん、始めは棺に入れようかなとも思ったのですが、そうしなくて良かったと思っています。
以前にもお話しましたっけ?
父と母は命日が一緒なのです・・・それも春のお彼岸で・・・絶対忘れませんし、お墓参りも一回で済んでしまいます。
兄弟が集まると「見事だよなぁ」と、いつも会話に出ます。
母は亡くなる時、連れ合いが迎えに来てるとも言いました・・・父は今から42年前に亡くなっています。


一休さん、人間は悲しいなぁ~って時々義母を見ていて感じます。
91歳になるのですが、自分のことが自分で出来ない・・・それでも生きていかなくてはならない、、、自分だったらと思うと切なくなってしまいます。
先のことを心配してもどうなるものではありませんから、前を向いていくしかないのですが。
元気なうちに出来ることを一杯したい・・・心を磨きたいです。


ようこさん・・・ようこさんは間違っていませんね。
絵手紙はあくまでも手紙で展示するものではありません。
展示会の時の絵手紙は、どうしても見ていただく事を意識しますから、本来のものと違うものになってしまいがち。
だって全紙で手紙など出しませんもの。
展示会はいろいろな人に見ていただくことが出来るので、絵手紙の良さを知っていただくという目的もありで・・・少し割り切ると楽になるかなと思ったりします。
ところでようこさん、ブログを本格的に考え始められたのですね。
そばにPCに詳しい人がいれば教室に行かなくても大丈夫のように思います。
私は近くにいないので行きましたが、実の所あまり役立っていないの。
えぇい!って始めて・・・マゴマゴして、困った時にはブログ仲間の皆さんにいっぱい教えていただいて・・・なんとか続いています。
お若いようこさんですもの・・・大大大丈夫ですよ!!!
昨日、お手紙届きました、感謝です。


majoさん、本当にありがとうございました。
母の日は子供たちも帰りませんでしたので、少し寂しかったのですが、majoさんのお陰でとっても記念に残る良い日になりました。
感謝・感謝です。
PCを通してみると私の絵手紙も良く見えました(笑)
いけてない!って思うものでも、これから自信を持ってお送りしますね(爆)貰ってください。


投稿: アイアイ | 2007年5月15日 (火) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108998/6365830

この記事へのトラックバック一覧です: 原点に戻る・・・母の絵手紙:

« 教室にて・・・その⑦ モチーフ | トップページ | 熊谷守一 »