« リラクゼーション | トップページ | お片づけ »

2007年7月13日 (金)

教室にて・・・そ⑨色塗り

物には色が付いています・・・だけど絵手紙では塗り残した方が良いと案内しています。
ウ~~~ン?って矛盾を感じている方も多いでしょうね。
全部塗ってしまうと、ベタっとして新鮮味に欠けるからと・・・ご案内しますが、これも好き好きで・・・。
教室では「どうしても全部塗れてしまい、上手くいきません!」と言う方が時々いらっしゃいます。
拝見すると、どうやら筆に含ませる水の量が多く →→→ 顔彩を溶く時に多いのです。(乾いた時に色があせてしまう)
出来上がった色も、筆にいっぱい含ませたら →→→ 多いです。
絵手紙でよく使うはがきは「画仙紙」で、これは滲みます。
ですから水の量が多いと・・・ジワ~って広がります。

じゃぁどうすれば?・・・答えは簡単! →→→ 塗る前にティッシュに捨てる!!です。
色を重ねていく時、最後の色になる程、水を控えないとどんどん輪郭から出てしまいます。
上手に捨てて、最後のポイントにしたい色は濃い目で水分は少なく →→→ 理屈ではこうなるのですが、これは失敗しながら自分のものにするしかないかな。

1_21 2_32















おまけ・・・今回のこの絵は意図的に白い部分を作ってしまったので、良い見本になるかっていうと・・・ウウウ~~~ン疑問!
私の場合、思いっきりメリハリを効かせたい時は、筆の水分がほとんどありません・・・参考になるとよいのですが。

|
|

« リラクゼーション | トップページ | お片づけ »

コメント

 今でも苦労しています(^^;)
昔から、塗り残すのがヘタで~
その辺が自分の中でもネックのような気がしていました

 上手に色を置いていきたいですね~
今回のことも凄く参考になりました(^-^)/ ありがとう~

投稿: みるく | 2007年7月13日 (金) 05時16分

なるほどね。ティッシュペーパーで水分を拭き取る、これは未だかつてしたことがありません。梅皿で筆をしごいていました。どちらかというと、私の塗り方はおおざっぱで繊細さに欠けます。参考にさせていただきます。なにしろ、私の絵は独学ですので、人様の絵を見て色づかいやタッチにいつも感心しています。良い勉強になりました。

投稿: 一休 | 2007年7月13日 (金) 05時45分

こんにちは。
私も塗り残しを意識して描いた事がありません。
その時によってうまく描けないことがあります。考えてみたら水が多いのかもしれません。
こんどティシュで水分を取りながら描いて見ます。
今日も勉強になりました。

投稿: 美豚ちゃん | 2007年7月13日 (金) 16時34分

あれ~~~、コメントが送信されていない~~。
っていうか、確認だけだったのかな?

其れでは・・何時も為になる講座をありがとうございます。
是からも続けて下さいね、とっても勉強になります。

私も水分が多い場合があります、気を付けたいと思います。
今度はしっかり送信しなければ。

投稿: ファインちゃん | 2007年7月13日 (金) 19時25分

色塗り・・・難しいです・・・特に、大きいモノが難しい・・葡萄は、粒が小さいからまだいいかも・・・私は、茄子・トマトが苦手です。今の時期、旬なので描きたいのですが・・・色塗りで失敗してしまいます。絵手紙は、手にとって見るモノだから、子供みたいな絵でもごまかしがきかないような気がしています・・・

投稿: ようこ | 2007年7月13日 (金) 21時36分

みるくさん、私の案内が合っているかと言うと、疑問であります。
私流でして・・・参考になれば嬉しいです。


                                          
一休さんにそんなこと言われちゃったら・・・恐縮。
一休さんの絵は勢いがありますから、私のは当てはまらないと思いますが。
もし滲むはがきで、お困りの生徒さんがいたときには・・・いやいや、一休さんはとうに、そうご案内しているはず・・・失礼しました。


                                          
美豚ちゃん、塗り残すなんておかしな話ですよね。
だけど、塗り残すことで、新鮮に見えたりします。
色々な案内があると思いますが、自分にあった方法を手に入れたら、強いでしょうね。


                                          
ファインちゃん、ブログは無理しないでくださいね。
お体だけはお大事になさってください。


                                          
ようこさん・・・おんなじです。
面積の多いもの・・・おんなじです(困)
次回の教室は、皆さんの希望で「茄子」です。
どのようにご案内しようか・・・思案中であります。
最近の教室で「顔彩を使いこなそう」っていうのをやりました。
1つの顔彩でも水の量の違いで濃淡になる・顔彩は梅皿の中で2色以上混ぜると濁るけど、はがきの上で重ねることは濁らない・・・等は、既にご案内しているので大丈夫!って思っていたんですが、ワスレチャッタって言われる方が多くて・・・反復練習ではないですが、確認と前進を繰り返すような教室にしなければと感じました。
今の悩みはね、「上手くなってから出す」と言う人に、どうやってポストインしてもらえるかです。

投稿: アイアイ | 2007年7月14日 (土) 08時21分

今回の 絵手紙 塾
具体的にテクニックを 紹介されていて 参考になった方が 多いのでは無いでしょうか。
わたしも、 ふむふむ、 へ~~ と 繰り返して読ませて頂きました。

>ワスレチャッタって言われる方が多くて・・・反復練習ではないですが、確認と前進を繰り返すような教室にしなければと
今読んだことも すぐ忘れ 何度も繰り返し読んでるmajoです。

>どうやってポストインしてもらえるかです。
先に表書きを書いて切手を貼ってしまってから裏に絵を入れる というのはどうでしょうか。ケチなmajoは 切手がもったいないと思うので 少々失敗しても絶対投函すると思います。
もしかして、 そう言う方って、 自分で描いた絵手紙 、もったいなくて 出せないんじゃないのでしょうか。 
なんてね、 みんなが自分と同じと考えてはいけませんね。

投稿: majoおばさん | 2007年7月14日 (土) 11時10分

参考になるなる~♪
よ~くわかりましたよ~ありがとうございました♪

水分が多いとジワ~~っと、これ私も良くやるんです(>_<)

投稿: ぽんぽこ | 2007年7月14日 (土) 22時59分

majoさま、全部さらけ出していますがテクニックって言うほどのもんでもなく・・・参考にしていただければありがたいのですが、これが絶対正しいと思われてしまうのも怖い話で。
常に切手を持っていくのですが・・・なかなか貼ってもらえなくって。
そうですね、お気に入りも手元から離すのがイヤのようで。
絵手紙は相手に届くようにしないと楽しさが広がらないと思っています。


                                          
ぽんぽこさんもあるんだぁ~。
みんな、失敗しながら自分流を掴んでいくのだと思います。
人から教わることも多々あって、ブログもすごく役立っています。
百均もよく行くようになり頭が少しだけ柔らかくなったかな(笑)

投稿: アイアイ | 2007年7月15日 (日) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108998/6778533

この記事へのトラックバック一覧です: 教室にて・・・そ⑨色塗り:

« リラクゼーション | トップページ | お片づけ »