« 続いています | トップページ | 暑いですっ!! »

2007年8月10日 (金)

教室にて・・・その⑩前向きに

Tiharu 教室では「私はダメだと言わない」も約束のひとつです。
ベテランさんが言えば初心者の方は「エェェェ~あれでダメなの?じゃあ私はもっとダメ!」って事に!
自分からダメだダメだと言ってると、本当にダメになっていくような気がします。
恥ずかしさや謙遜で言う場合もあるのですが、絵手紙では言わない方が正解かな!
絵の優劣を問わないって、ご案内しますが・・・絵は上手い方が良いに決まってる?
どれだけ相手のことを思って、下手でも丁寧に描いたか・・・ここを大事にしたいです。

|
|

« 続いています | トップページ | 暑いですっ!! »

コメント

アイアイさん おはようさん。仰る通りですね。「ダメだ」と思った瞬間からダメになってしまう。相手を引きずり込んでしまうので禁句ですよね。どれだけ相手の事を思って、下手でも丁寧に描く・・・。コレが大事だと私も思います。もともと才能がないから・・と前置きする方も多いですが・・・。いずれにしても前向きに、いいモノを学び取る姿勢が欲しいですね。

投稿: 一休 | 2007年8月10日 (金) 05時29分

 人にとって 上手いか下手か・・・もありますが
自分で納得できるところまで頑張れるかどうか?だと思います
 その時に「良い~」と思っても、続けていると「あのときのはここがこうだったかなぁ~」と思える
そんな小さな成長が嬉しく感じられていけば良いかなぁ~なんて(^^;)

投稿: みるく | 2007年8月10日 (金) 06時18分

おはようございます。
昨晩は数少ない絵手紙交流の方とお逢いして、絵手紙談義に
花が咲きました。

教室での先生の講評に、疑問を持っています。
確かに大勢の人の前で、悪い所を指摘出来ないのは解ります。
でも何でも褒めているのには、とても抵抗が有ります。

昨日お逢いした絵手紙友との出会いは、始めて戴いた絵手紙に
こうしたらどうでしょうと言ったことが始まりでした。
「私ならこういう風に書を散らしたい」としたことが出会いです。

誰にでもこんな事致しませんが、ときとしてはっきりと言ってあげる勇気も必要だと思います。
その分指導者は猛勉強が必要になると思います。

時々教室を持って欲しいと言われますが、何も習っていないし
猛勉強する気が無いのが現状です。

一人呼んで、こうしたらと言える先生に巡り合いたいです。
私の大先生は、「何も得る物は無い」ってはっきり言います。
残念なことです。

投稿: 凸家笛吉 | 2007年8月10日 (金) 08時05分

ううーーーーーん難しいですが、よくわかります。上昇思考があるからこそ「ダメだ」と思うんでしょうし、古い方、そんなこと言って欲しくないようなかたがおしゃるんですよね・・・ちはるって、うるさいオヤジっぽいけど、ワタシはもう30年?近くファンです。最近の唄はわかりませんが、「大空と大地のなかで」?が好きです

投稿: ようこ | 2007年8月10日 (金) 22時20分

一休さんの教室は毎回楽しそうです・・・これは一休さんのお人柄でしょう。
上手く描けるようになりたい・・・その前に楽しくなくっちゃぁ・・・大事な大事な要素だと思っています。


 
                                       
みるくさん、そうですね、人はそれぞれ感じ方も求めているものが違います。
その部分を早く掴んで案内出来るかどうかも、前に立つ人間にとって必要・・・能力となるのでしょうね。
言われるままでなくて、自分から切り開いていく人は問題が少ないように思います。                      


                                          


笛吉さん、こういうのを待ってました!
ブログを通して、色々なご意見がいただけて、そして見て、読んで、感じていただく・・・願いでしたから。
教室には本当に色々な方がお見えになります。
・単純に手紙絵を楽しむためにアイデアが欲しい方
・歳を重ねた時のために・・・ボケ防止
・歳をとってからの趣味探し
・会員の皆さんと会うことが楽しみ
・運動のために
・絵も文字も上手くなりたい
・絵手紙の本髄を知りたい・極めたい   などなど
その方によって目的が違うことがしばしばで、最後を目的になさる方が案外少ない?
絵手紙協会の勧め方は基本はしっかり・・・その後は感性のまま自由に!!と、私は解釈しているのですが。
さて、その基本となるのが「線」ということになるのでしょうね。
筆の上を持ってゆっくり、穂先だけで紙に食い込むように一秒一ミリは、きっと笛吉さんもご存知でしょう・・・そして?????でしょう。
素人が、本当に絵も書も初めての人間が描く・書くは、思いのほか大変。
そこでモチーフをよく見てゆっくり線で追う・・・速く良い線が描ければいいのですが、なかなか。
鍛えられた線と、そうで無い線は違いが出ますね。
よく速い線はすべる線などと生意気なことを口にしてしまいますが、沢山の作品の中で、思わずいいなぁ~って作に出会うことがありませす。
はっきり説明が出来なくても・・・良い!・・・それが絵であったり、文字であったり・言葉の内容であったり・全体のバランスであったり・間であったり・・・全て全部良いなんて事は滅多のありませんね。
私の教室では3年を越えた方には、モチーフはよく見ますが、飽きるまで見た後は・・・見ないで描くを案内しています。
ゆっくりは集中して大事な部分を掴んでいただく為の手段になっていればいいのですが。
入会して半年になる方(男性)で、とても意欲的な方がいます。
自由で面白いと感じてくださったのでしょうか・・・次々とご自分で新しいことに挑戦され、教室のたびに描かれたものを持ってきてくれます。
紙の種類が違ったり、描く道具が違ったり、いろんな事を試されています。
そして、毎回疑問をぶつけてくださいます。
この事は私にとりましても、とても勉強になり有難く、そして真剣です。
持ってる知恵は全部出してお答えしているつもりですが・・・更に勉強しないと。
小池邦夫氏はこの先のことをとても心配し、まず公認講師制度が出来ました。
講師は人の三倍勉強しなさいと言われています。
簡単に誰でもなれてしまう(お金と時間があれば)今の制度に問題が
あるとも言われています。
内容・質を高めるのには講師の人格も問われるのでしょうね。
この辺はいつも肝に銘じているつもりなのですが。
笛吉さんが時々投げかけてくださる疑問は、私にとって襟を正す切っ掛けになります。
これからもよろしくお願いいたします・・・ありがとうございました。
追伸・・・
褒め殺し・・・気をつけたいものですが
本当に恥ずかしそうに隠す人には「描けたじゃないですかぁ、先ず描けた事を喜びましょう」
何か気に入らない、不満げな顔の人には「どこが気に入りませんか?」と声を掛け、さらに私なりに見つけた良い所も言うようにしています。
前向きな方には、もっとこうなれば良いのでは?と言う事にしていますが・・・時々生意気なことをしているなぁと、考えてしまいます。


                                         
ようこさんも現場でいろいろ感じていらっしゃるでしょうね。
色々な方がおいでですが、最後は人間性でしょうか?
人と人が上手くやっていく・・・この辺の勉強もさせていただいてると思いません?
えぇ~私はちはるの後援会に入っていたことがあるのですよ。
彼のコンサートではトークも魅力で、言葉探しもいっぱい出来て好きです。

投稿: アイアイ | 2007年8月11日 (土) 08時02分

アイアイさん  おはようございます~♪

コメントの内容を考えていたら、昨日はコメントが出来ませんでした。
私は生徒さん達に習字を案内する時は、まず良く出来たところから褒めて、そして「此処をもう少し直しましょうね」と伝えます。

何でもそうだと思いますが、まず楽しいと思って頂くのが大切だと思っています。
細かい事は、アイアイさんがお書きになっていますので・・
とても貴重なお話しをありがとうございました。

投稿: ファインちゃん | 2007年8月11日 (土) 09時14分

ファインちゃん、こんばんは。
何でもそうですが、相性というのもあって、なんだか上手くいかない場合もありますね。
先入観から入ることだけは無いように気をつけています。
いつかファインちゃんの指導方法をもっと詳しく教わりたいと思いました。

投稿: アイアイ | 2007年8月11日 (土) 22時27分

アイアイさん、今日、コオロギの声を聞きました。
もう直ぐ涼しくなってきますね。
「どれだけ相手のことを思って、下手でも丁寧に描いたか・・・ここを大事にしたいです。」
アイアイさんの、この言葉、大事にして、描いて行きたいと思います。
アイアイさん、ブログを始めちゃったんです。
お暇な時遊びに来てくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/taihukame
もしよろしかったらリンクさせてくださいね

投稿: 紅花 | 2007年8月12日 (日) 19時42分

紅花さん、ブログ開設おめでとうございます。
リンク・・・もちろんOKです。
こちらこそよろしくお願いいたします。
楽ちゃんとは本当にご近所さんなのですねぇ~。
気の合う仲良しさんが、すぐ側にいるなんて本当に羨ましいことです。
お二人のコメントのやり取りも楽しみです。
きっと楽ちゃんの開設も間近ですね。

投稿: アイアイ | 2007年8月13日 (月) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108998/7072908

この記事へのトラックバック一覧です: 教室にて・・・その⑩前向きに:

» 絵手紙について [絵手紙]
絵手紙についてのブログです。 [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 00時31分

« 続いています | トップページ | 暑いですっ!! »