« 青の会・・・7月の絵手紙 | トップページ | 黄門さまは健脚 »

2007年8月 2日 (木)

1_24 我が家にはケヤキが一本あります。
狭い庭なので、家にくっついています・・・夏は日陰になって涼しいのですが・・・
毎夏「蝉の大合唱」が耳のそばで聞こえるって感じで・・・もうねぇ~まいっちゃいますよ。

今日は喜代春さんの詩です。

木立ではセミの電話が鳴りっぱなしだ
秋が受話器をとるまで

|
|

« 青の会・・・7月の絵手紙 | トップページ | 黄門さまは健脚 »

コメント

アイアイさんおはようさん。素敵ですね、この詩。読み惚れました。何度読んでも感動します。「~秋が受話器をとるまで~」。いいなあ、この詩。ノートに留めておきます。

投稿: 一休 | 2007年8月 2日 (木) 03時56分

 うん 情景が目に浮かぶような詩ですね(*^.^*)

 アイアイさんの書かれる、漂白剤文字 
好きだなぁ~(^^)

投稿: みるく | 2007年8月 2日 (木) 05時27分

一休さん、ねっねっ・・・このフレーズに参っちゃうでしょ!!
どうしてこんな風な言葉が出るのかしら?って、それにも感心してしまいます。


                                          
みるくさん、崖っぷちなので、誤魔化したのがバレタ?

投稿: アイアイ | 2007年8月 2日 (木) 06時19分

詩人って言葉の魔術師、実に素晴らしいですね!

私も時々定型詩を綴りますが、渇水期の水瓶。
底の方に、少し有るだけ!

漂白剤(次亜塩素酸曹達)は、有毒ですので手の触れる物に原液
のまま使用しないことをお勧めします。
何れ液が付いた所は、劣化して破れます。
もし有毒さを減らしたければ、水によく漬けて乾かすかアイロンで。

ミルクかマスキングの使用をお勧めします。
余計なこと書き、すいません。

投稿: 凸家笛吉 | 2007年8月 2日 (木) 08時56分

笛吉さん、余計なことなんて、とんでもないです。
ありがとうございました。
知らないって怖いですね・・・乾いてしまえば良いなんて、簡単に考えていました。
これをお送りするって事は毒を送ることにもなりますものね・・・教えていただいて本当に良かったです。
一番良いのは、墨と筆で書くことですね・・・これからそうします。

投稿: アイアイ | 2007年8月 2日 (木) 13時50分

蝉が思いっきり鳴くのは・・恋の相手を求めて鳴いているそうです。
虫博士がその様にお話しされていましたよ。

この話しを聞いてから、蝉の鳴き声も可愛くなりました・・応援したくなります。
次の世代の命を残すた為に命を限りに鳴いているのですね・・
短い命を大いに燃やして鳴いて欲しいと思う今日この頃です。

投稿: ファインちゃん | 2007年8月 2日 (木) 17時56分

こんばんは。
やっと夏らしくなってきました。
こちらではまだ蝉の鳴き声は聞いてません。
夏って感じですが、そばで聞いている人にはたまらなくうるさい音ですよね。
今日の詩まさにその通りですね。(^-^)

投稿: 美豚ちゃん | 2007年8月 2日 (木) 19時36分

この言葉・・・すごくいいですね。詩人と私は何が違うんだろう?やっぱり感性でしょうか。。。どうしたら、何にもしばられない自由な自分になれるのでしょうか・・・でも、暑いし蝉の声もうるさいから、早く受話器を取って欲しいですよね。漂白剤のこと、知りませんでした。乾いたらオーケーの募りでいました。無知って恐いですね。ありがとうございます。

投稿: ようこ | 2007年8月 2日 (木) 22時26分

ファインちゃん、そうですね!短い命でした。
人間は勝手でいけません。
今朝窓を開けたら・・・網戸で鳴き始めました・・・近すぎる~~~


                                         
美豚ちゃん、本当にすぐ側って凄いことなんですよ。
鳴き声を楽しむ・・・そこまでは、なかなか・・・・


                                          
ようこさんもご存じなかったですか。
ねぇ、知らないって怖いですねぇ。
二人ばかり送ってしまった人がいて・・・お知らせをしなくては。
もしも教えていただけなかったらと考えると・・・笛吉さんには本当に感謝です。
ブログをやってて良かったです。

投稿: アイアイ | 2007年8月 3日 (金) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108998/7290630

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 青の会・・・7月の絵手紙 | トップページ | 黄門さまは健脚 »