« 与勇輝展 | トップページ | 遠くに行ける? »

2008年1月23日 (水)

画家・・・片岡球子

Photo 日本画家の片岡球子さん(103歳)が亡くなりました。
25歳の時に院展に初入選して、その後10年ほど落選を続け「落選の神様」と呼ばれたことは有名なお話で、野生的な作風は「ゲテモノ」と評されたことも。
強烈過ぎる個性に悩み落ち込んだ時、「間違っていない!片岡球子の絵は片岡球子でなくてはならない」とは師匠の画家中島清之の言葉。
また「あなたの絵はゲテモノだ。しかし、ゲテモノと本物は紙一重の差。いつか変わる時がくる。だからこそあなたの絵を変えてはなりません。」と言って道を示したのは画家の小林古径。
変えろと言うのは簡単・・・変えるなと言ってくれた人がいたことが、後の片岡球子を創ったのだと新聞は伝えています。
人は一人で大きくはならないのですね。
凄い人の周りには必ずもっと凄い人がいます。

片岡球子は長く美術教師として教鞭をとりました。
「絵はへたでいいから継続することが大事」→こんな風に言っていたようです。

おまけ・・・美術学校を卒業した時、親から絵と結婚の二択を迫られ、絵を取ってから生涯独身・・・この辺から凡人とは違っていたのでしょう。
富士山の絵は特に有名ですが先日見かけた花魁も新鮮でした。

富士山の作品等が2Pにわたって観られます
http://www.oida-art.com/buy/artistwork/105_2.html

|
|

« 与勇輝展 | トップページ | 遠くに行ける? »

コメント

アイアイさんのこんな雰囲気の絵 大好き!!
>スラリとした美人 憧れです。
私!! もです。
先日の 検診 案の定 太り過ぎでした・・はぁ・・・

投稿: majoおばさん | 2008年1月23日 (水) 22時24分

片岡さんの活躍をインターネットで調べました。凄い方なんですね。でも、この方の作品を直にお目に掛かっていないので拝見したいモノです。色気を感じるアイアイさんのタッチ、大好きです。

投稿: 一休 | 2008年1月24日 (木) 06時51分

こんにちは。
惜しい方が亡くなりました。
今紹介のネットを見てきました。
片岡球子さんの富士山は有名ですよね。
油絵のようなタッチ、私は好きです。
描きかたを変えろと言う人が多い中、変えなくて良いと言ってくれる人はなかなかいません。
片岡球子さんの努力と信念を見習わなくてはと感じました。
アイアイさんの花魁の絵も素敵です。

投稿: 美豚ちゃん | 2008年1月24日 (木) 16時04分

あららぁ~~majoさん、どうします??
いよいよ始めますか・・・ダイエット。
私も正月太りからなかなか元に戻りません(>_<)
私は女子栄養大学のカロリーブックから始めようと思っています。
majoさん、がんばろ!!
だけど以前見たmajoさんは、そんなに太っていなかったけどなぁ??


                            
一休さん、本物はやはり凄いです。
訴えてくるもの、迫ってくるようなものが違うように思います。
解らなくてもいいから観るって、無駄なようですが大事なことのように思います。


                            
美豚ちゃんも好きだと思いました。
103歳まで生きたという事だけでも凄いのにね、生涯信念を曲げずに創作を続けたことは、本当に凄いですよね。
富士山の絵は一杯ありますが、どれも新鮮さと勢いがあって、惹きつけて離さない・・・好きな画家でした。

投稿: アイアイ | 2008年1月24日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 与勇輝展 | トップページ | 遠くに行ける? »