« コルテオ(シルク・ドゥ・ソレイユ) | トップページ | 花咲の庄 »

2009年6月 7日 (日)

教室にて・・・その38 顔彩の濃淡

Photo 顔彩の特徴は二色以上混ぜると透明度が無くなって濁る・・・残念!

単色使いが一番透明感があって綺麗・・・だから単色で勝負できれば最高って事になりますね。

今月はモチーフにアジサイを持ってこられる方がいっぱい!

一色の顔彩の水の量を調節して濃淡で塗る ← これをご案内しています。

やってみましたが・・・水の量が適量でなかった(>_<)・・・筆跡が残っちゃって綺麗でないね・・・ゴメンナサイ!!

|
|

« コルテオ(シルク・ドゥ・ソレイユ) | トップページ | 花咲の庄 »

コメント

イエイエなかなかいい雰囲気ですよ。
浅葱ですね。鮮やか綺麗な色です。
小生も最近よく使うようになりました。
昔は全然使わなかったですがね。
最近は特にあまり使わない色を使うように指導もしています。
色々楽しいですよね。色付けは。
でもね皆さん塗ってしまいますねー。
塗るより付けるとか置くとかを使っています。
アイアイさんはいかが感じますか。

投稿: 讃岐の夢心(むしん) | 2009年6月 7日 (日) 23時11分

え~!!きれいですやんか~♪
どこがきれいでないのよ~~~

すごくきれいですよ~

楽しそうな教室を想像します♪

投稿: ぽんぽこ | 2009年6月 8日 (月) 14時15分

sun夢心さん
はい、塗りすぎてしまう方が多いですね。
物には色がありますから、塗り残すのはおかしいといわれた事もあります。(^_^;)
塗りすぎると新鮮さが無くなる・・・ここの所をご案内していきたいです。


    
sunぽんぽこさん
まっ、ありがとうございます。
良く見るとシミの様になったのが分かると思います。
紙との相性が悪いと・・・ダメですね。

願いは楽しくかけたらいいなと・・・逃げ道みたいだね。

投稿: アイアイ | 2009年6月 8日 (月) 21時01分

紙も絵の具も 使い方という物があるのですねぇ。
顔彩という物使ったことがありませんが、昔中学の図工の教師が 水彩絵の具も混色せずに 生の色を使った方が綺麗な作品に仕上がる、混ぜると色が濁るからと授業で教えてくれたのを思い出しました。
水の加減 塗り加減 う~~ん 奥が深い!!

紫陽花とても綺麗です。まん丸の花房にいっぱい幸せが溜まっていますよ。

投稿: majoおばさん | 2009年6月 9日 (火) 22時32分

sunmajoさん
飛鳥涼がちあきなおみに書いた「イマージュ」という曲の中にこんな詩があるんですよ。
聴いていて、ピピって響いてきましたので、少し変えて書いてみました。

透明度が高く、誰にでも手軽に使える物として紹介していますが、顔彩は時々難しいなぁ~って思います。

投稿: アイアイ | 2009年6月10日 (水) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コルテオ(シルク・ドゥ・ソレイユ) | トップページ | 花咲の庄 »