« 日本絵手紙協会の教え | トップページ | 木の花美術館 »

2012年9月 4日 (火)

お出掛けしました。

95_0004
第二東名が出来ても、一度も走った事がない・・・近いのに乗ってない!!

てな訳で、一泊二日でお出掛けしました。

主に河口湖周辺の美術館めぐりですが・・・立ち寄った順番に載せていきますので見て下さいね。

まず最初は、一竹辻が花で知られる「久保田一竹美術館」

染色家久保田一竹(1917~2003)が、1994年河口湖を望む絶好のロケーションに建設したもので、潤いと安らぎの幽玄の世界で・・・としちゃんは染色よりも、庭や建物の方がお気に入り。

本館は大黒柱が16本の日本古来の組み上げ技法を感じさせ、新館は琉球石灰岩(サンゴ等の堆積岩)で出来ていて、ガゥディの建築物を思わせるものがありました。

展示の数々は美麗で静に心に入ってきます・・・撮影禁止なので作品はご紹介出来なくて(/_;)

アルフィーの高見沢さんがコンサートで着た映像がDVDで流れてましたよ(*^。^*)

HPは→
こちら


Photo 1_2 2 3 4 5_2 Photo_2

お出迎えの門→庭→美術館入り口→アトリエ→壁の太陽→森に続く門→琉球岩石の庭の順に写真を載せました・・・写真が小さいので、クリックしてください。

この中で、遠くに門だけがあるのが分かるかな・・・これがなんとも不思議、ドラえもんの「どこでもドア」みたいだと言ったら、せめてロダンの「地獄の門」くらいは言いなさいって!

としちゃんは写真を一杯撮ってました。


6

おまけ・・・アトリエは一日お日様が入らない・・・だから壁の太陽彫刻にライトを当てているのだそうです。

|
|

« 日本絵手紙協会の教え | トップページ | 木の花美術館 »

コメント

一泊二日の旅、心身ともにゆったりとされたことでしょう。観光もあくせくしないで観たいところをゆったりのんびり出来たら最高ですね。ご主人様はカメラがご趣味?

投稿: 一休 | 2012年9月 5日 (水) 05時02分

良い作品や自然の美しさ 気持ちも洗われる旅行でしたね(*^_^*)

 私も「何処かに行きたい」って思います
やっと 良い季節なのに♪

投稿: みるく | 2012年9月 5日 (水) 08時12分

いいですねーーーhappy01

それにしても絵画的な着物、これを着てアルフィー方が踊られたのですか?すごいなーーhappy01

投稿: ちかさん | 2012年9月 5日 (水) 15時57分

sun一休さん
家族で出かけましたので、時間の制限が無くて、とても楽でした。
趣味とまではいかないのですが、カメラは好きみたいです。
写す時は注文が煩くて、家族には嫌われがち??(笑)

  
sunみるくさん
待つのも楽しみになるといいです・・・神様がちゃんと、きっとご褒美をくれますから。

はい、久しぶりに満喫し、心が少し奇麗になった???


     
sunちかさん
絞り染めは気の遠くなるような作業の連続で、とにかく時間・根気・労力だな~~って、感心とため息!

着物が連続に一杯並んでいて・・・何枚もの着物が一つの絵になっているんです・・・離れて見ると、はい、絵画のようでした。

アルフィーの高見沢さん一人が、これを着て、ギターを弾いていました。
まっ赤で金色で・・・あの方だから着こなせる?

投稿: アイアイ | 2012年9月 5日 (水) 20時55分

静岡も帰省がほとんどであまり出掛けたことないなぁ
いつも清水ICで降りちゃうから その先は新幹線からの富士山くらい ( ´ ` )=3ふぅ
でもottoは第二東名を走りたいみたい

河口湖周辺はいろいろあるんだね。
知らないとこばかりだから 紹介して頂いてありがとう♪
オルゴール(ゼンマイ仕掛けのだんだんゆっくりになって止まってしまうタイプがいいの)大好きなので いつか行けたらいいなぁ

投稿: うとうと | 2012年9月13日 (木) 00時00分

sunうとうとさん
今回は河口湖オルゴールミュージアムは行かなかったんです・・・地元の舘山寺のオルゴール館に良く似てると聞いたものですから。

私もおんなじで、ぜんまい仕掛けで、だんだんと遅くなって、音楽もゆる~くなっていくのが・・・いいですね~~。

投稿: アイアイ | 2012年9月16日 (日) 20時07分

へぇ~ 舘山寺にもあるの?
今度 寄ってもらおっと
情報 ありがとう♪

投稿: うとうと | 2012年9月17日 (月) 16時12分

sunうとうとさん
はい、浜名湖オルゴールミュージアムっていいます。
HPも有りますので、見て下さい。
ちょっと良いですよ。

投稿: アイアイ | 2012年9月17日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本絵手紙協会の教え | トップページ | 木の花美術館 »