« tokkoさん | トップページ | 遅れていて、ごめんなさい。 »

2013年6月19日 (水)

松本魁翔君

Photo6105_2

いい子に育ってほしいなぁ~~いい子になるのに決まってる!!」と、ばあば目線で応援しているのが「松本魁翔君」

震災後、悲しくて怖くて何も言えない中で、自分が出来ることはなにか?

始めたのが、水汲み

「がれきの中で水をくむ少年」と題し紹介された写真が、高倉健さんの知るところとなり、映画の台本に貼って頑張った話は有名ですね。

口を真一文字に結び、悲しみにも苦しみにも耐える姿は誰の胸にも響きます・・・私も健さんの真似をして手帳に貼りました・・・これがすっごいお守りになります、見るたびに気合が入るの!!

小学一年から始めた、防具付空手道大会でも大活躍!!

夢は・・・空手道場を開いて、復興の手助けをしたい・・・人の役に立つ人間になりたい・・・と。

口では言い表せないほどの悲しみ・苦しみにあった人は、たとえ幼くても人として出来上がるのでしょうね。

|
|

« tokkoさん | トップページ | 遅れていて、ごめんなさい。 »

コメント

いいお話をありがとうございます。こうして歯を食い縛って頑張っておられる方には頭が下がります。苦難に遭遇した人は大人子供に関係なく精神的にも肉体的にも人として立派だな、とつくずく感じます。

投稿: 一休 | 2013年6月20日 (木) 06時39分

この強さは何処から生まれるのでしょうか。

この子の親御さんが素晴らしいのでしょう。

投稿: ちかさん | 2013年6月20日 (木) 19時25分

sun一休さん
新聞等々で話題になったお子さんですので、「松本魁翔君」「水をくむ少年」等々で検索すると、良いお話がいっぱい出てきます。
お時間がありましたら、是非。


 
sunちかさん
こんなに小さい子でも頑張ってる・・・ばあばは歳でなんて言ってはいられませんね。
柔道も優勝したりするので、大きくなったら全国大会で名前を聞くかもしれませんね・・・どんな青年になって登場してくれるか、本当に楽しみ。
他に野球では、キャッチャーで三番、中学ではバスケットもやりたいとか。

家に帰ったら、まず家族のお米研ぎから・・・
泥のユニホームも自分で洗う・・・

本当にえらいなぁ~~~涙もんです。

この写真は震災三日目だったかな・・・震災後一か月半くらい、片道一キロの道を毎日、何往復か運んだそうで、釘が足に刺さって怪我をしても家族が心配するからって、言わなかったとか・・・やっぱり、涙もんですわ。

投稿: アイアイ | 2013年6月23日 (日) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« tokkoさん | トップページ | 遅れていて、ごめんなさい。 »