« すっごい!すっごい!! | トップページ | いちご »

2014年2月23日 (日)

教室にて・・・言葉拾い

223_0001_2今月の教室は、詩人「吉野弘」さんの「祝婚歌」から言葉拾い。

最近の国会で羽田雄一郎さん(羽田元首相のご子息)も紹介されていましたね。

吉野弘さんが姪ごさんの結婚式に出席できないため、詩にして送ったとのこと、

吉野さんは一月に亡くなりましたが、ご自身の詩が口から口へと伝わる民謡のようになるのを望み、著作権等は放棄されてますね。

さぁ、あなたでしたら、どんな言葉拾いをされますか?

吉野弘「祝婚歌」は・・・こちら 

|
|

« すっごい!すっごい!! | トップページ | いちご »

コメント

お見舞いメールありがとうございました。お蔭さまで熱も下がりホッとしています。
「祝婚歌」は私も大好きでよく使わせてもらっています。額装にしたいと言う方から頼まれて書かせて頂いたこともあります。
私はアイアイさんが紹介された言葉のほかに、「正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい 正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気づいているほうがいい」も好きです。
正論をぶちまけ、弱っている相手を傷つける人が居ますが、そんな性格の人は好きになれません。正しいことを言う時ほど相手を傷つけなような心配り気配りが欲しいですね。「窮鼠猫を噛む」、そんな可愛げのない人はいつかどこかでしっぺ返しをやられますよね。

投稿: 一休 | 2014年2月23日 (日) 13時19分

 この詩 初めて知りました(^^;)

私は
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい


正しいことを言うときは 
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは 
相手を傷つけやすいものだと 
気づいているほうがいい  の2つの部分が残りました

 思いやりと優しさが近しい間でも大事だって改めて思いました
( *´艸`)

投稿: みるく | 2014年2月23日 (日) 13時33分

私も初めて知りました。

読んでいくうちにう~んとうなずいてしまいました。

二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

そうなんですよ、どちらかが受け止める、聞き流すほうに
なった方がすべてうまく行くもんなんですよね。

詩の一言一言がすごく 重みのある言葉なんですね。

投稿: ちかさん | 2014年2月23日 (日) 22時01分

sun一休さん
日本人として品格を問われる時・・・ここに書かれていることが大部分入っていると感じます。

良いものを受け継ぎ残していく・・・大したことは出来ませんが、大人として出来ることをしていきたいですね。


 
sunみるくさん
私もみるくさんんと同じ、二か所でした。

一番最後の行は、全部を含めて問いかけ、そしてはなむけになっているのは流石に詩人です。
大事にしたい言葉が一杯でした。


 
sunちかさん
子供たちにとっても、両方固い親より違った方が良いのでしょうね。
我が家のように、どっちもずっこけている・・・これもねぇ~(^_^;)

投稿: アイアイ | 2014年2月27日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すっごい!すっごい!! | トップページ | いちご »