« 中日新聞・・・わたしの絵手紙 | トップページ | 本橋ひろえ先生 »

2016年5月20日 (金)

良い本に出会いました。

5168
教室で良い本ですから是非読んでくださいと「ツバキ文具店」という本を紹介され、お借りしてきました。

小川糸さんという作家もよく知らなかったのですが、デビュー作「食堂とかたつむり」が大ベストセラーになった方なのですね。

早速読んでみました・・・読み始めたら・・・引き込まれて・・・・一気に読んでしまいました。

鎌倉を舞台に四季折々の中で文具店の看板を背負い、、、主な仕事は代書屋。

様々な人の要望を成り代わって手紙を書き上げるのですが、「想い」を主に・・・紙や筆記具や文字の形+インクの色まで合わせます。

充分に相談に乗って、差し出す相手の気持ちを考えて、出来上がった手紙を読むと、なるほどと感心してしまいます。

手紙の好きな方には参考になることがいっぱいです。

ここであらすじを書いてしまうと興ざめしてしまいますから止めて・・・

絶縁状、、、愛ある絶縁状・・・興味深かったです。

|
|

« 中日新聞・・・わたしの絵手紙 | トップページ | 本橋ひろえ先生 »

コメント

 おはよう(^^)/

 なんだか興味津々です♡
早速本屋さんへ行ってみます~~~ありがとう

投稿: みるく | 2016年5月21日 (土) 06時10分

sunみるくさん
まだ新しい本なので、多分本屋さんにあると思うのですが。
本も好みがありますので、無理強いは出来ませんけれど、手紙好きなら・・・きっと。

投稿: アイアイ | 2016年5月30日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中日新聞・・・わたしの絵手紙 | トップページ | 本橋ひろえ先生 »