« 手話講座㉝ | トップページ | 手話講座㉟ »

2018年1月31日 (水)

手話講座㉞

Img_0001
さが続いています・・・そんな中での講座の出席はいつもより少なく、皆さんインフルエンザでなければいいなと思いました。

今日は今までの基礎の復習で・・・空間の活用、同時性、指を使って代理的表現、繰り返しの表現・・・等々、意味に合わせて表現の学習でした。

始めに例文をペアで練習・・・発表・・・その後で映像を見て確認!

先に自分たちで考えるのは面白くて、間違えたり分からない部分が良く分かりました。

日にちを表現する時に、、、例えば11月5日から11月9日までと言いたい時・・・右に11月5日を表して、「から」の手話は右から左へ、それから左側に11月9日を表現すると、流れがスムーズで相手にも分かりやすい・・・私は左右が逆で失敗!

間違えると、反対によく覚えるものですね。

次に映像を見て、先生の質問に答えます。

一回目はちゃんと読み取れてなかったので・・・沈黙。

何回か見たり、皆さんの解説を参考に

「風邪を引いたのはだれ?」

「誰からうつったの?」

「家族はどんな状態?」

お母さんが風邪を引いて、掃除やら洗濯、買い物や料理を分担していて、お父さんは料理が得意ということが分かりました。

新しい単語では、感染(うつる)とキャンセルが分かりやすくて面白かったです。

|
|

« 手話講座㉝ | トップページ | 手話講座㉟ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手話講座㉝ | トップページ | 手話講座㉟ »