TAMAの会

2008年4月22日 (火)

すわれば牡丹

友人達(TAMAの会)と可睡斎のぼたん庭園に行って来ました。
ぼたんって蕾も大きくって・・・だから当然花も大きい~~。
ここ可睡のぼたんは、毎年4月中旬から開花し、約150種、5000株が次々と咲くそうな。
咲いてる花は気高い・・・終わった花は、、、、ウウウゥゥゥ・・・気の毒なほど。

お昼は「ぼたん膳」→1500円(室内ぼたん展拝観料込み)
ぼたんの花びらを使った創作精進料理で、量は・・・少なめ~~!
だけどね、日頃この位にせんと、いかんらぁ~。

太陽の下で輝くぼたんをゆっくり観て、美味しいお昼をいただいて帰ってきました。

おまけ・・・
可睡斎の由来 →→ 十一代住職は幼い家康を戦乱から救った事があり、後に家康が浜松城主となった折り、報恩の為に招かれた席で、コックリコックリ・・・居眠り。
それを見た家康が「可睡和尚」と愛称→寺号も東陽軒から可睡斎に改め、徳川幕府最初の僧録司(そうろくす)という職を与えられたそうです。
本堂も枯山水型のお庭もなかなかのものでした。
Photo 2 4 3 5 6 7 9

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2007年10月14日 (日)

ねむの木こども美術館

Photo 近くてもなかなか行けなかった「ねむの木こども美術館」に行って来ました。
描いた子供達の心の中はどんなだろうか?
見ている側の心の中を素に戻してくれる・・・そんな絵が多かったです。
山の中の建物は、昔々の子供の頃に戻してくれる懐かしさがあり、癒されました。

おまけ・・・昼食は奮発しました→栗いっぱい!右端のグラタンはカボチャと無花果・・・ヘェ~って感じでした。







5 2 3 Photo_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|